忍者ブログ

おれはこんなもんで終わらないこのまま死にたくない

本気で転職を考えてみようかな

昨日、大学時代の友人から住所変更のハガキが来ました。
LINEとかで十分なのに、なぜ写真入りのハガキで?と思って読むと、そこには立派な新築の家と去年結婚したばかりの奥さんが写っていました。
「元気か?念願のマイホームを買いました。通勤時間は1時間半になったけれど、我が家は最高です。良かったら遊びに来てください」
はあ、マイホームね。そう言えば、あいつは上場企業の営業マンだったっけ。
俺は大学までは一緒だけれど、就職活動が難航して、地元のパン工場に就職して事務をしています。
地元では、学校の給食のパンを作っていたり、スーパーで喫茶店を経営していたり、ちょっと名の知れた会社だけど、やっぱり中小企業、給料ははっきり言って薄給です。
「いいな、結婚の次はマイホームか。俺は結婚したらこの給料で家を買えるのかな」
と、あいつの幸せそうな写真を眺めながら、今している仕事のことを考えました。
俺の職場は男は所長と俺だけです。あとは事務の若い女性社員だったり、パートのおばちゃんが数人います。
今は主任だけど、ゆくゆくは事務所の所長になることを約束されているようなもので、事務所のみんなからは可愛がってもらってます。
でも、毎日田んぼの真ん中の工場に出勤して、総務と経理が一緒になった小さな事務所で働いて、このままでいいのかな?と時々考えてしまいます。
あいつのハガキを見て、そんなことを思いながら、気が付けば転職サイトを色々見ていました。すると、若い既卒者の転職を応援してくれる、ハタラクティブというサイトを見つけました。ちょっと気になったので、ハタラクティブについて調べてみると、何だか俺にもまだまだチャンスがあるのかな?って思えました。
今の職場のみんなは好きだし、いい人ばかりだけど、もう一度キャリアアップに挑戦してみてもいいかもしれません。
あいつみたいな都会の大きな会社の正社員になることができれば、給料を増やすことができます。それに、都会の会社に電車通勤すれば、色々な出会いのチャンスも広がるから、彼女もできるかもしれません。
職場のおばちゃんが温泉旅行のお土産でくれた甘い焼き菓子を頬張りながら、本気で転職を考えてみようかな、と久しぶりに思いました。
どうしようかな、しばらく今の会社に通いながら、ハタラクティブに転職の相談を送ってみることにします。
みんなは好きだけれど、今の仕事も嫌いじゃないけれど、俺だってもう少し欲張ってもいいよね、って久しぶりいあいつのハガキを見てやる気になっています。

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。